ようこそプチ整形追求へ

ぷちぷちのプチ整形情報

目のプチ整形

プチ整形の埋没法

埋没法とは、メスを使用せずに目を二重まぶたにする美容整形です。髪の毛よりも細い医療用の糸で、まぶたの表と裏側を結んで二重を作る方法です。切らないので、傷跡も残らず切開法と比べると晴れや痛みも少ないです。

手術時間は15分〜30分といった短時間で済み、金額も切開法に比べると比較的安価です。しかし、注意したいのが、まぶたの脂肪が多いことなどが原因で、元に戻ってしまうこともあります。

手術後はすぐにメイクも可能で、気に入らなかった場合には元に戻すことも可能なんで、安心して出来るプチ整形です。

切開法

切開法は、二重のライン上を切開し、そこから余分な脂肪を除去して、まぶたの筋肉と皮膚を縫い合わせて二重にする美容整形です。半永久的に、手術した二重を維持することができます。

まぶたの脂肪が多い人やたるみの多いまぶたの人には、切開法が向いてます。

切開法は、埋没法より永久性があり二重の幅のラインがズレることは心配ないのですが、埋没法のようにやり直しはききません。また、個人差により腫れの引き具合があり、治療後4〜5日くらいかかり、皮膚がちゃんと落ち着くまでには約1ヵ月ぐらいかかるようです。
メイクは抜糸後からいつものように洗顔やメイクができるようになります。

目頭切開法

目頭切開法とは、目頭にある余分な蒙古ひだを切開して切れ長の目し、髪の毛よりも細いナイロンの糸で縫合し、抜糸前でも縫合糸は目立ちません。術後は翌日から洗顔やシャワーができ、1週間後に抜糸します。

非常に難しい手術ですので、必ず十分なカウンセリングが必要です。

蒙古ひだの原因で、目が小さくみえたり、目が離れてるように見えたり、つり目のように見える人が多いです。その原因の蒙古ひだを解消する方法が、目頭切開法です。

目尻切開

目尻切開とは、目尻を5〜7ミリほど切り開いて、切れの長の大きな目に整える手術で、それぞれの目や顔立ちのバランスなどを考慮して切開するラインを決定します。
手術当日からアイメイク以外のメイクは可能で、手術翌日からはシャワーが可能となります。(顔に湯水がかからないように)そして、術後約1週間で抜糸して、抜糸翌日から、洗顔、入浴が可能となります。
切れ長の目が希望の方や、目が小さく、目からこめかみまでの間隔があいている方におすすめです。
目尻切開には、視野が広がる効果もあります。


おすすめ美容情報

"たった一度の施術で瞬間小顔" メスも注射も使わない小顔矯正

小顔矯正で理想のフェイスラインを手に入れよう!

copyright(c) ぷちぷち Allright Reserved.